MENU

 

顔面神経麻痺から

油谷○○様

 私は長い間、日常生活のストレスや精神的不安を抱え、眠れない毎日を送っていました。眠りが浅く、小さな物音など些細なことで目覚めました。眠ると必ず、自分の体が何かにぺちゃんこに押しつぶされる感覚が起こり、眠ること自体に恐怖と苦痛と不安を感じていました。でも、自分のこの辛い状況を、家族を含めた周囲の人たちに知られたくないという思いが強く、薬やタバコ・アルコールの力を借りることで、なんとかしのいできました。

  しかし、そのうち隠し切れない症状が現れました。それが顔面神経麻痺です。左の顔面がひどく麻痺し、神経や血管が常にビクビクと脈打ちました。それはとても気持ちの悪い症状で、話しづらく食事を摂りづらくなりましたが、その症状よりも何よりも、人の目が気になりました。

人前に出ることにためらいや恥ずかしさを感じましたが、仕事を休むことが出来ませんでした。病院に行き薬や注射による治療を受けましたが、それもしだいに効かなくなり、手術を勧められるようになりました。顔の神経を触る手術は、もし上手くいかなかったらと、不安と恐怖を感じていた時に、知人からの紹介で、氣ヒーリングを受けることになりました。

初めて受けた時は、体がだるくそして重く感じました。でもそれは氣の流れが滞り、詰まっていたためだと説明を受けました。そして、氣ヒーリングにより体に純粋な氣を入れることで、少しずつ詰まりを開きながら、氣が流れる時に現れる感覚なので、いい反応だと聞き安心しました。続けて受けるうちに、体に変化が起こってきました。気持ちが落ち着くようになり、顔面神経麻痺が少しずつですが、治まるようになったのです。

 

自分自身を見つめなおす時間も持てるようになり、心からの感謝とは何かを理解できるようになりました。

その後、顔面神経麻痺や悪夢で体がぺちゃんこに押しつぶされるような感覚・精神的な不安から、少しずつ離れることができ、薬やタバコ・アルコールに頼らずに生活できるようになりました。

もともと受けていた陰()的なエネルギーの影響から完全に離れるために、こころと体と魂を磨く氣トレーニングも行うようになりました。無意識の底にある、潜在意識の深い部分にある陰的なエネルギーを、生命の元の氣で綺麗に磨くことで、心と体の健康と本当の自分を取り戻すことができるのです。トレーニングを続けるうちに、心から笑えて、自然体で過ごせるようになった自分に気付き、生命の元の氣を浴びる大事さが分かるようになりました。